ニュース

品源は山東大学と魯迅小学校の権利を守りました。

また、国家工商行政管理総局商標局は(2011)商標異字第04035号商標異議書を出して、品源が代理した異議人の異議理由は、訴訟事件の証拠として十分に証明できる。一定の知名度がある魯迅小学校が存在するにもかかわらず、「魯迅小学校」という名前で被異議者が被異議商標を商標登録しようとしたことで、現地に一定の影響がありました。それに「魯小」は魯迅小学校の省略形になります。この場合、人々が被異議商標の標示サービスの由来を誤認する可能性が高く、社会に悪い影響を与えることは、被異議商標の登録は《商標法》第十条第一款第(八)項の規定に違反となります。被異議人が先駆けてある一定の知名度がある魯迅小学校のトレーニング、学校教育の役務についての商標を登録出願する行為は不正になることから、商標局は異議人の異議理由を認めて、被異議商標は登録許可しないとの裁断を下しました。

近日、国家工商行政管理総局商標局は(2011)商標異字第05718号商標異議裁定書を出して、品源が代理した異議人の異議理由:被異議商標「山大SHANDA及び図」と異議人が引証した類似商品上に以前登録した第4565104号「山東大学及び図」商標は類似商標になることから、商標局は異議人の異議理由を認めて、異議商標に登録許可しないという裁断を下しました。