ニュース

スポルディングバスケットボール権利侵害事件

事例紹介

スポルディングバスケットボールは、高品質、繊細的な手触り、豊かなブランド性、完備した製品ラインを以て、バスケットボール業界のトップブランドの地位をしっかりと占めている。品源の弁護士が米国SGGリーハイ(株)の代理人とし、江蘇省丹陽楊昇ゴム製品有限公司を起訴した商標権利侵害の事件においては、一審の江蘇省鎮江市中級人民法院でも、二審の江蘇省高級人民法院でも勝訴の判決が下された。米国SGGリーハイ(株)の中国地区の知的財産権コンサルタントとして、中国全土で商標権侵害行為に対する取締や訴訟といった権利維持・保全の活動を20件実行し、整えた権利維持・保全の対策マニュアルを作成し、中国におけるマーケッティング環境の整理を全面的に行い、「スポルディング」というブランドに対する権利侵害の拡大を有効的に抑制した。

弁護士講評

当該事例は、品源の弁護士が嘗て代行した事例の一つとして、顧客の立場から出発して最高の効果を求めるという品源精神を十分に体現している。偽造商品に対する取り締まり活動や権利維持・保護活動を通して、偽物を取り去って本物を残し、間違った見解を正す効果を収め、企業のために製品の市場シェアを高め、「スポルディング」というブランドの価値向上を実現し、優秀なる弁護士として外国企業に強いイメージを残した。