ニュース

TOREAD事件

案件紹介

 「北京2008年オリンピック競技大会特許経営メーカー」であるTOREAD屋外用品株式有限公司は中国極地探検隊の専用製品として、探検隊と一緒に極地に上陸した。2011320日に、国家統計局業界企業情報発表センターの統計調査によるTOREAD屋外用品は三年連続で中国市場の同じ種類製品売上高の1位に輝きました。品源はTOREADの法律顧問として、サービス内容は前期の商標出願から後期のブランド保護までカバーしている。

国家工商行政管理総局商標局は同一の既存先願があるため、TOREAD屋外用品株式有限公司が提出した第354990600号「TOREAD」出願商標に対して、拒絶理由通知書を下した。その後、TOREAD屋外用品株式有限公司は当該拒絶査定に対し商標評審委員会へ不服審判を請求した。審査の結果によって、再び拒絶決定を下された。品源はTOREAD屋外用品株式有限公司の代行者として、裁判所へこの拒絶決定不服の訴訟を提起した。商標法の関連規定によれば、出願商標は、他人が同一又は類似の商品又は役務についての既存商標権利と抵触してはいけない。本件では、出願商標「TOREAD」は引用商標と、指定商品が類似し、識別力部分の「TOREAD」も同一で、類似商品についての類似商標となるべきである。しかし、本件の特別性に鑑みて、類似商標の判断に対し、、類似商品または商標の類似性の判断だけでなく、出願商標と引用商標は市場で共存しているかまた関連公衆を容易に混同と誤認を生じさせるかも考慮しなければならない。調査によると引用商標の権利者企業はすでに数年間法主体性を失って、、無効企業である。つまり、当該商標を利用する合法的な市場主体がないである。裁判所は行政決定を撤回し、品源の代行弁護士の観点を受け入れ、商標の実際利用者の利益を確保した。

弁護士コメント

 当該事例は行政訴訟事件であり、「平民が政府を起訴する」典型的な事件の一つと言える。本件の難点は中国商標法原則的な規定に挑戦することにあり、成功する可能性がほぼないと言える。しかし、品源法律事務所は本件を受けてからアイディアを整理し、事件のすべての細かい点を審査し、弁護士の細緻かつ慎重な検証によって、本件の突破口を探し、最後の勝利の取得ができた。