ニュース

品源2014年上半期会議を開催致しました。

 627日、2014年上半期の品源事業会議上海ブランチで開催された今年上半期の経営管理の活動に基づき下半期および今後の経営管理の方向性、経営目的や重視すべき事業内容明確にした。各ブランチの担当者201 4上半期の任務目標完成状況、仕事上での課題、下半期の事業の方向性を報告した。1 - 6の間、各ブランチが年度始計画した経営目標を積極的に実行し、サービス管理を重視する、という考え方は、会社の健全な発展を実現するための良好な基礎をいた

 閔社長はブランチ業績を認めるとともに、指導を行い今後の更なる努力の必要性指摘した。閔社長は国家の方針政策に基づいてプロフェッショナル且つ、ハイレベルなサービス提供という理念を続け品源というブランドを有名にさせることを強調したブランチ地域ごと強みを適切発揮し、生存できるの上で、更なる発展をしていくこと特許分析、特許の運用、特許無効などの戦略発展方法で発展をしていくこと。大手企業へのサービス提供を目指し、クライアントに品源の実力を理解してもらうため、ブランチは信念を持って、誠実と信用、クライアント要望を大事にするという理念守り続けなければならない。決してお客様をだますことなく、品源というブランドを愛し、品源いうブランドの知名度と凝集力さらに拡大していくこと。戦略をもとにの調整によって努力を続ける

 628日、会議の出席者蘇州ブランチ無錫ブランチを訪れた。無錫ブランチでは、潘先生が出席者に対し品源の知的財産権システム操作についてオリエンテーションを行い美しい太湖の景色の中で、品源2014上半期の会議が円満に幕を下ろした