ニュース

中国商標法第三回の改正

概要

2013830日、第12期全国人民代表大会常会第4回会において「全国人民代表大会常会の中人民共和国商法改正についての定」が通し、改正中国商法は、201451日より施行される予定である。主な改正内容は、音声商入、一商多区分出制度の入、審査・審理期化、異議申立制度の改正(異議申立の主体及び求理由の限定等)、商標権侵害行厳罰化等である。

 

詳細

 本稿では、2014年月51日に施行される中国の改正商法について、主要な改正内容を介する。

 

(1) 人の便宜をるための改

(i) 音声商入(第8条):商を受けることができる種類として音声が新たに追加された。

 (ii) 一出多区分制度の入(第22条):一出多区分制度が入され、商人は、一つの申において多数の区分について同一の商をすることができるようになった。

 (iii) 審査・審理期限の定(第28条、第3435条、第4445条、第49条、第54条):改正法では、初めて商標審査及び商案件の理期限について定められ、審査・審理期の短が期待される。具体的には、審査期限は9ヵ月、理期限は、取消・無効審判は12か月、無効宣告にする覆理は9ヵ月、さらに、特殊な状があった合は3ヵ月又は6ヵ月延できるようになる。また、商標審判委会による不服判案件の理において、関連する先行利の定について裁判所の理中の案件又は行政機関理中の案件の果を根とする状も客的に考した上で、案件理を中止することができることも定した。

 (iv) 審査の改善(第29条):改正法では、「審査過程において、商局が商内容について明又は正する必要があると判断した合、出人に明又は正を要求することができる」と定され、出人の意取する制度が入された。

 (v) 異議申立制度の改正(第33条~34条):改正前商法の定によれば、異議申立の申立は「何人も」行うことができ、異議申立の理由についても限定がなかったが、今回の改正によって異議申立人の格及び異議申立理由に一定の制限がされることになった。具体的には、異議申立人は、第1012反の合は何人でも、第13条第23、第15条、第16条第1、第3032反を理由とする合はその先行利者又は利害関係人が異議申立を行うことができるものと明された。また、商標審判部の異議申立に定に不服があるか十分な理由や証拠がある異議申立人は、当無効宣告を求することができるとの定も追加された。

 

 (2) 公平争による市秩序を持するための改正

(i) 名商についての改正(第14条、第53条):名商誉称号ではなく法律概念であるのに、これまで、一部の企によって、販売のための金看板として「名商」商品に記載するために名商が利用されたり、一部地方政府による名商取得企への励金のために証拠を作って名商を得る等の行が行われていた。このような状を是正するため、改正法では、「名商は、当事者の求により、商案件において定する必要がある事として定しなければならない」との明定により「個別認定、受動認定」の原が明らかにされ、名商定された商であっても、生産・経営者が商品商品包装又は容器、告宣伝・及びその他の商において、『名商』の表示を使用することを禁止する定も追加された。さらに、名商を宣に使用した合について、10万元(160)の金がされる旨の罰則規定も追加されている。

また、改正法では名商標認定の手機関を明化する文言が追加され、当事者が名商利を主した合、商審査及び工商行政管理部の商案件(第三者異議や行政の商標権侵害)においては商局、再審請求等においては商標審判部、商民事、行政案件の訴訟においては、最高裁判所によって指定された裁判所が名の状について定を行うことができることとされている。

 (ii) 願対策の化(第15条):ここ数年、業務提携の準備又は業務提携において、他人の商が先に使用されたことを知った上で冒する行頻発していたが、理において明に代理又は代表関係にない案件に用できる明な法律条文がなかった。このような状み、今回の改正法によって「業務提携又は他の関係によって、他人の商が先に使用されていることを明らかに知った上での冒することを禁止する」という定が追加されている。

 (iii) 新たな不正争行の追加(第58条):商と企商号の突について、改正法では、「他人の登、未登名商を企名称に商号として使用し、公誤認させる」行も不正争に当すると定され、不正争防止法により禁止されることが明化された。

 (iv) 先使用商の保(第59条):改正法において、善意による先使用商の保のため、「商標権者がその登を出する前に、他人が同一又は似の商品について商標権者より先に登と同一又は似の商を使用し、且つ一定の影力を有するようになった合に、登の商標権者は、当他人の元の使用範囲において当先使用商の使用を禁止する利を有しない。ただし、区要素の追加を宜に要求することができる」との定が追加された。

 

 (3) 標権を保するための改正

(i) 新たな商標権侵害行定(第57条):改正法においては、「他人の登標権を侵害する行のために、故意に便宜をり、商標権侵害の施に力する」行が商標権侵害の行種類の一つとして加えられた。これによって、直接には他人の商標権を侵害する行施していないものの、他人の商標権を侵害する行に参与、力している企又は人に相任をわせることになった。

(ii) 再犯への処罰化(第60条):商標権侵害の再犯について、厳罰する「5年以内に商標権侵害に当たる行2回以上あるか、又はその他の深刻な情状がある合には、厳罰する」という定を加えた。

(iii) 懲罰規定の改正(第63条):改正法においては、意により商標権を侵害し、その情状が深刻な合には、利者が侵害により受けた実際失、侵害者が侵害により得た利益、登の使用許諾費用の1倍以上3倍以下の範囲賠償額定することができることとなった。上3つの根によって賠償額定することが困合には、裁判所は宜に法定賠償額定することができ、法定賠償額についても改正前の50万元から300万元まで引き上げられる。

さらに、利者が挙証に尽力したが侵害行わる簿、料を主に侵害者が把握している合に、裁判所が侵害者に関連帳簿、料の提供を命じることができることとなり、侵害者がその提供を拒否するか造の簿、料を提供した合は、利者の主及び提出証拠を参考にして、賠償額定することができると定されており、利者の挙証負担が軽減されている。

(iv) 標権者の賠償要求における使用義務定の新(第64条):改正法では、利者が賠償を要求するの使用義務して、「侵害をえられた当事者が、登標権者が登を使用していないという抗弁を主した合、裁判所は、登標権者にその前3における登実際使用証拠の提出を要求することができる。登標権者は、その前3に当を使用したこと、又は、侵害行によりその他の失を被ったことを明できない合には、侵害をえられた当事者は賠償任をわない」と定している。

介した内容のほか、子出入(第22条)、商代理機構の管理化(第19条、第68条)等の改正も行われている。