ニュース

観奇洋服事件

事例紹介

 観奇というブランドは観奇洋服有限公司により1960年代初期に香港で創立された会社であり、40年ほどの絶えぬ拡大によって、現在の大手洋服グループに成長し、百軒以上のチェーン店が全国各都市に分布され、すでに世界で有名な洋服グループの一つになっている。品源弁護士は香港観奇洋服有限公司の代行者として上海観奇服飾有限公司の商標権利侵害及び不正競争行為を起訴し、上海市第二中級人民法院で勝訴の終審判決を取得した。当該事件は『中国知的財産権報』、中国知的財産権保護ネット、江蘇省司法庁より主催する『東方法治』、中国企業報道ネット、中国商標連盟ネットにも肯定的な報道があった。

 弁護士講評

歴史の長い服装企業として、広大な消費者に認められ、好まれる同時に、多くの不正取引商人に模倣され、取り入られている。このような不正競争の形式は様々で、ますます有名な企業の市場と利益を横取りしている。品源弁護士は具体的な偽造特性によって、顧客に寄り添う訴訟方案を作成し、根本的に不正競争行為を抑制して、他人に警告する効果を実現した。