ニュース

BULL事件

事例紹介

 1995年に創立されたBULL電器は中国上位のハイレベルスイッチ・ソケット、コンバーターの専門プロバイダーであり、裁判所と国家商標局により、「中国著名商標」と認定され、終始して販売第一位の王座を占め、ソケット業界のNo.1と言える。品源弁護士がBULLグループ有限公司の代行者として蘇州BULL電器有限公司の不正競争行為を起訴した紛争事件は、江蘇省蘇州市中級人民法院と江蘇省高級人民法院で次々と勝訴した。本件において、蘇州BULL電器有限公司は新しい不正競争方式で他人の会社名と登録商標「BULL」を自分のものとして利用し、工商行政機関の名称審査などの正当な手続きによって、「蘇州BULL電器有限公司」という会社名を取得し、ソケットなどの製品を販売している。実に、蘇州BULLは「BULL」ブランドの消費者の心ですでに構築された強固な市場地位を利用し、表面的に正当そうな方法で不正競争の目的を隠し、直接に消費者に製品の出所への間違えと誤認をもたらし、商標の元の権利者の市場利益を横取りしてしまったので、法律で禁止されるべきである。

 弁護士講評

 当該事例は蘇州市中級人民法院「20094.26日の世界知的財産権日」に知的財産権関係の典型的な事件と指定され、、蘇州テレビ局「、蘇州ニュース」、蘇州日報などのメディアに度々報道され、品源は各企業の学ぶべき事務所だと考えられた。