ニュース

原告(ある多国籍企業テクニカルディレクター)が被告の中国のある移動体通信事業者の特許権侵害を起訴する民事紛争事件

事例紹介

 本件でクレームの金額が1000万まで達し、IP電話と公衆電話交換ネットとシームレスに接続できる認証管理方法を技術的に設計して、その特徴は次の通りである。フローステップはユーザーがIP電話ネットアクセス番号+受信する電話番号をダイアルして、公衆電話交換ネットが既存電話ネット局間シグナリングによって、ユーザーの送信番号と受信番号を第一装置に伝送し、当装置が番号を受信した後、第二装置によってIPゲートウェイを通じてウェブサイトにコールを出す。

 被告は答弁期限内に中止を求め、特許再審委員会に特許無効宣告の請求をだして、無効理由はほとんどすべての無効条項に関している。

 被告の提供した無効理由と証拠に対する研究によって、裁判官は当特許の安定性が強くなく、無効にされる可能性がかなり大きいと判断したので、本件の他の場合を総合的に考えた。裁判官は本件に対する審理中止(裁判長の同意を得る同時に、副院長に報告する)を決めた。

 最後に、再審委員会で重要事件として5人合議で審理して(普通事件はみんな3人合議)、本件に関わる特許権が無効にされ、行政訴訟の一審、二審で維持された上、特許権が無効にされた。

 ここで、本件は円満に終わった。

 弁護士講評

 当該事例を取り扱うには、非常に強い専門判断力があるこそ、発明が中止される観点と意見を支持できて、なぜかというと、権利侵害紛争事件の中で、発明が中止されることは例外場合で、極めて稀なことで、大きなリスクと圧力を受けなくてはならない。当発明特許は無効なプロセスで有効と維持されれば、見当の付けない影響と結果をもたらすかもしれない。また、品源弁護士が複雑かつ困難な事件を扱う総合的な実力と法的リテラシーを持ち、巨大な圧力を引き受けて我先の勇気と能力を持つことを見せた。