ニュース

知的財産権保護は復雑な信頼システムである

 知的財産権の制度設計は、上記不信感の克服と緩和のためにあり、、それにより激励と革新及び異なる利益のバランスを満たすものである。知的財産権は非常に復雑で精緻な信頼システムである。その運行メカニズムは二つの方面に分かれる。

 中国の知識産権事業は長足の進歩を遂げたと同時に、様々な信頼の危機が露呈した。例えば、多くの中国人が「外国ブランド」の購入に夢中になり、さらに同じ「外国ブランド」でも外国産がほしい。知的財産権に保護された社会に対する満足度が低く、最近の調査によると、2013年の社会満足度の全体的な得点は合格レベルしかなかったなどが挙げられた。

長い間、知的財産権に対する認識は法律の保護を強調してきた。、これはもちろん大切だが、これが全てであるわけではない。知的財産権は人間の利益関係を確定する社会道具であり、知的財産権の保護が法律問題であり、信頼メカニズムの構築問題でもある。

 知的財産権のクリエーターの観点から見れば、いかなる革新も資産専用性の先行投資を意味し、投資リターンが高い制御性と独占性を有する際に、強大な激励になる。しかし、知識は適合性、共有性という固有属性を有し、占用の程度には多くの違いがあり、全ての革新成果を独占することは難しい。そのために、適切さらに信頼できる財産権保護システムが革新を促進させる前提条件になる。社会公衆にとって、知的財産権は他人の負担を意味し、知識の所有権化は技術上もっとも困難、もっとも複雑な利害関係になる。基盤を普及させるには、広く信頼と尊重を得ることが必要である。が。そうでないと、法的に知的財産権を定義しても、高いメンテナンスコストが権利を無駄にしてしまう。シャーマンがイギリスにおける現代知的財産権法の変化を分析したとき、特許制度は長い期間、信頼を得られず人々に敵視されており、最終的に形成できたのは信用を増加させるために様々な改革を行った結果である。

 知的財産権の保護と革新では、知的財産権のクリエーターと社会公衆が不信任の原因に基づいて、自己防衛措置の学習と構築を励起し、自己の合理的な期待を保障した。信頼の発生は不信頼の現実苦境によるものである。。知的財産権の制度設計は、上記不信感の克服と緩和のためにあり、それにより激励と革新及び異なる利益のバランスを満たすものである。知的財産権は非常に復雑で精緻な信頼システムである。その運行メカニズムは二つの方面に分かれる。

 まず、専用的投資とその保障についての信頼。信頼とは先時性や共時性の概念ではなく、それが以前の投資と経験により、歴時性を有し、信頼カギのの有無とは関係なく、保障の有無によって決まる。知的財産権の正当性は革新によって獲得した労働努力が根源にあり、専用的な投資過程を意味し、社会の信頼を得る根拠でもある、と同時に、沈没コストによって発生した障害や責任資産でもあり、国民が与えくれた信用を提供した確かな保障である。特許法「三性」(新規性、進歩性、実用性)に対し、著作権法は独創性、商標法は顕著性と知名度などに対する厳しい要件、この中に暗に含まれる意味は、知的財産権の対象は必ず専用的な投資によって生成した資産の異質化の知識に設定すること、そうではないと、十分な「人質の質権設定」を形成して社会が知的創造に対する信頼を維持できない。これは知的財産権の合法性の経済論理と信頼の基礎である。これが多くの中国人が国内ブランドを信頼しない原因の説明となるかもしれない、それは、企業が大規模な資産専用的投資を行い、名誉を育てるための十分な時間があまねく不足しているからだ。

 次に、権利の表現とメンテナンス。信任の機能は情報需要の決定を簡略化することであり、行為をしたで処理することを確保する。知的財産権保護の一般的なプログラムは、符号化された権利言語によって、知能的創造性を固体化させ、観察、度量、メンテナンスができる確実な特徴を保護することでる。このメディア化した表現制度は、低コストで、、ハイファイで集団記憶を形成することができ、宣伝に都合がよくその貯蓄のしやすさ、使いやすさは、知的製品がその財産身分と範囲を証明する上での困難を克服することができる。同時に、権利の管理方式や内容も簡略化し、人々は無需要証言語形式以外の事項に行って、審査権利生成中の知能的創造性を権利保護の難度を大幅に簡略化した。。そのため、特許法は権利請求書の規定によると、著作権法は表現での判断、商標法上は商標マークでの要求、特定の簡略化したメディア制度の内包を与えることを主旨とし、その権威性の確保をもって、さらに時空を超えた普化信頼を獲得する。こういった信任の設立には厳格なプログラム設定、時間の配分、専門知識などの制度保障、特許審査、商標審査、文学批評などがこの制度の具体的表現を設計している。

 問題の複雑さは、権利表現やメンテナンスの制度建設と関係しており、まだわずかな信じるだけの1種の然通りの状態を、知的財産権保護の有効性は財産権の構造上でやっと築きあげられたというわけではない。。知的財産権の信頼は社会的信用、商業倫理、社会的コンセンサス、企業組織機構、などの多くの要素を含んでいる。。この解釈できるかもしれない、と欠け、信用資本不足社会環境の中で、たとえ立法保護が高水準であったとしても、財産権の実施コストが異常に高ければ、有効的な保護を提供できないかもしれない。これは中国での知的財産権保護の満足度が普遍的に低い原因かもしれない。知的財産権を信頼システムとして対応して、本当の注目に値するのはないかもしれないが、法律の条文ではなく、暗にその後、決定条文をかくの通り定め、経済メカニズムと環境システムの運行軌跡を支配する。