ニュース

シラキュース会議に参加致しました。

   近日、品源特許事務所のパートナである楊生平弁理士は、アメリカ合衆国ニューヨーク州シラキュースにより開催された経済会議に参加致しました。今回の会議では、現地の企業に中国の市場を勧めることを旨とし、出席したゲストは、中国市場で必要とされる製品やサービスの形式ついて掘り下げて検討しました。経済貿易の持続的な発展に伴い、世界経済の構造システムにおける中国の地位がじりじりと上がっており、世界各国及び地域で作られた製品とサービスに対する中国の需要は増大しています。今日、中国からの需要は米国を含む世界各国でますます重視されており、如何に海外メーカーの製品を中国へ輸出し中国の消費者を満足させられるかが注目すべき課題となっています。  

   生平弁護士は会議の中で演説を行い、その中で、米国を含む世界における大部分の地域の人々が「made in china」の商品を手にすることをすでに習慣としており、その理由として、真っ先に挙げられるのが安価な労働力によって世界に価格の安い製品を提供したことにあるが、その過程の中で、極極一部の商品価値の分け前と同に、大量のエネルギーと素材を消費し、環境に大きなダメージを与えたことについて言及しました。そして楊生平弁護士は中国の特殊な商業文化や営業環境、及び如何に知的財産権を使った手段によって中国における各業務の円滑な発展をサポートできるかを紹介しました。生平弁護士の演説は出席者から高い評価を受けていました。

会議後、楊生平さんは現地の放送局からインタビューを受け、現地のテレビ視聴者に広大な中国市場を勧め、各業界の専門家に中国の法律法規の最新情報を紹介し、関連する規則や政策について詳しく解読しました。生平さんが一同に共有した中国市場で知的財産権を運用してきた経験と体験は、国内外の企業の今後の知的財産権の保護という業務の中で必ず参考になり、最終的に、国内外の企業の未来に更なる付加価値を与えていくはずです。