ニュース

2013年品源特許事務所の代理案件数が北京第3位になりました。

 近日、北京市知的財産権局から発行された、2013年版「北京市特許年報」において、品源は2012年の北京市特許案件数でトップ3に入ったのに続き、2013年も特許、実用新案及び意匠の案件数総数が15042件であったことで、北京代理機構の中で3位となり、また、特許案件数の総数も北京代理機構のトップ10入りをしました。このデータは、全市の知的財産権業界の機構状況、人事情況、業務経営状況に基づき統計と認定を行ったものになります。

 品源は2013年に代理した案件総数が北京市トップ3の特許代理機構として、政府機関、社会団体からその実力を認められただけではなく、多くの特許出願人からも業務レベルとサービスの質の高さを評価されたことになります。これらの栄誉は品源にとっての原動力となるとともに、今後はよりハイレベルな業務遂行が求められてきます。過去の栄誉に固執することなく、案件処理レベル、そして業務効率を高め、また専門的且つ効率的な知的財産サービスをお客様に提供していくことが、これからの品源のミッションであります。